1分足とEMAを使ったシンプルスキャルトレード

1分足にとEMAを使ってスキャルピングトレード。

リアルタイムでチャートを見ながらトレードする時には、1分足をよく使います。

1分足のチャートを見ていると本当にエントリーポイントが多いのでワクワクしてきます。

ただし、1分足のチャートだけでは心もとないのでEMAも表示しています。

1分足を見ながらエントリーする時の私のルールとしては、3pips程度の利益が出た時点で利食いするということです。

1分足ですから、レートが反転することも多々あります。

反転する前に利益を確定させてしまえと言う考えなのですが、

欲をかいて粘っていると反転して損失になるケースがあります。

また、損切りもとっても早く行います。

エントリーポイントよりも3~5pips程度反転して損失になった時点で損切りを決行します。

利益は小さく沢山ゲットし、損失も小さく少なくすることで結果的に利益につながるという感じです。

ではエントリーポイントはどこにするのかというと

7.27

⇒ GMOクリック証券

 

黄色〇の箇所がエントリーポイントになります。

ちょっと解りずらくなってしまいましたが、黄線が8EMA 赤線が20EMAとなっています。

黄色の短期EMAが中期のEMAを下から上へブレイクしたらロングでエントリー

黄色の短期EMAが中期EMAを上から下へブレイクしたらショートでエントリーとなります。

 

最初の〇印箇所がダマシとも言えるEMAのクロスが見られrます。

一旦ラインがクロスし、その後また元に戻るような早いクロスの動きがあった場合に損失が生まれることが多いです。

そのため損切りは早めに実行します。

ここで、ただ単純に利益が3~5pips出たら何でもかんでも決済なのか?という疑問が出てきます。

私の場合は単純に3~5pipsとったからといってなんでもかんでも決済と言う事はしません。

強めのトレンドだと判断した時には、一気に10pips・20pipsを狙っていきます。

そのためには、5分足の動き15分足の動きも一緒に見ながらトレードするとトレンドを把握しやすくなります。

その他にもラインは沢山引いてあります。

直近の高値や安値なども見ながらエントリーポイントを探しています。

 

怖い動きのチャート

7.27-1

⇒ GMOクリック証券

20EMAよりも8EMAが上にいたところ一気に下落しています。

こいう動きが突然来るので、数pipsで利益を確定するのが無難ですね。

 

 

 

1分足を使ったロジックでこんなのがあります ⇒ ワンミニFX

今なら特典が二つ付いてきます。


ワンミニ

 

 

 

 

 
最後までありがとうございます。
ランキングに参加しているので応援クリックお願いしますヽ(・∀・)ノ

ブログランキング にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

セントラル短資FX


1日に何回売買しても無料の取引手数料
1,000通貨単位からの少額取引が可能
約定率99.9%(2015年実績)スキャルピングOK

外為JAPAN


今なら新規口座開設後、条件クリアで1万円のキャシュバック。 1000通貨から取引可能なので、少ない資金でトレード可能。 スマホからの取引環境も充実してます。スマホから1lot取引で1000円キャッシュバック開催中 口座開設はこちらから⇒口座開設でキャッシュバック!

世界が認めた約定力

世界が認めたOANDAの約定力

口座開設


ドル円原則03.銭
ユーロドル0.5PIPで原則固定
1000通貨から取引可能低資金で始められます

FX口座数 国内第1位 DMM FX


DMM FXが選ばれる理由とは 1.業界最狭水準のスプレッド 2.抜群の操作性   豊富な取引ツール 3.便利なクイック入金サービス 4.安心・安全の完全信託保全 5.コストを気にせずお得に取引 6.24時間安心サポート くわしくは⇒DMM FX

このページの先頭へ