ドラゴン・ストラテジーFXの1分足を試した感想レビュー

今話題のドラゴン・ストラテジーFX


基本的には5分足を使ってシグナルを表示するルールになっています。

そこをあえて1分足でも使えるのかを試しています。

検証中ですが、途中経過の感想レビューです。

 

今日のここまでの1分足ドラスト画像

8.26

 

 

 

 

 

購入し設定はすごく簡単でした。

 

1分足でドラストFXの検証ですが、

大きな矢印の後に同じ向きの小さな矢印でエントリーと言う感じです。

メールを設定出来るのでエントリーチャンスになったらメールでお知らせしてくれるので

ずっとチャートを見ていなくても大丈夫です。

大変助かります。

 

GMOクリック証券[ネオ]をメイン口座で使っていますが、1,000通貨からトレードできるので

お試し商材を貯めるのにはもってこいですよ。

 

1分足では、1時間に2~3回程度メールが来ていました。

ということは1分足では1時間に2~3回エントリーチャンスがあるってことになります。

実際にエントリーしてみて簡単に利益を取れた場合もありますが、

当然損失になることもあります。

どういうところで損失になるのか。

 

※エントリーチャンスのシグナルが出たのに、相場が反転してしまう場合

これはもうシグナル頼みでエントリーした場合は諦めて損切りするしかありませんね。

 

※シグナルがちょっと遅れて表示されて利益に繋がらずトレンドが反転してしまう場合

1分足では、2番目のシグナルがちょっと遅れて表示される場合が多いような感じもします。

遅れてシグナルが表示されるとどうなるのか?

ショート狙いの時では、

最悪の場合は、シグナルが表示された段階で既に底辺付近になってしまい利益幅が小さくなってしまう。

また1分足ではトレンドが変わり安いのでエントリー後直ぐに反転し損失になってしまう。

 

例えば

8.26-1

 

 

 

 

 

が表示された後のでエントリーですが、 でエントリーするのと でエントリーするのでは全然利益が違ってきます。

仮にの矢印シグナルが出た時点で数値がだったとすると陰線から陽線に変わるまでの利益がと比べると2分の1程度になってしまいます。

しかも、底辺で利益が確定できたらの話になってしまいます。

1分足でドラストFXを使用した場合、度々こんな状況に出くわします。

チャンスが多い分、損失で終わった時の回数も多くなってしまいそう。

それを避ける為に、利益確定を素早すくることをオススメします。

 

エントリーシグナルの時が既に底辺だったということもないですが、

ほぼ底辺だったという事はありました。

 

ということはさっきも言いましたが、1分足では利益が出たら直ぐに決済し利食いしたほうが良さそうです。

1pipsでも10回取れば10pipsですからねヽ(*´∀`)ノ

回数でカバーしていけば、1分足でも使えそうです。

 

使い方は単純で使いやすいドラストFX

買ってみる価値はありますよヾ(*´∀`*)ノ

      

ドラゴン・ストラテジーFX

 

ドラストFXを表示して、トレードするのはGMOクリック証券【FXネオ】

を使っています。1,000通貨からトレードできるのでお試しにはもってこいの口座です。

 

 

まだまだ短期間の感想なので引き続き感想を載せて行きます。

 

 

 

最後までありがとうございます。
ランキングに参加しているので応援クリックお願いしますヽ(・∀・)ノ

ブログランキング にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

セントラル短資FX


1日に何回売買しても無料の取引手数料
1,000通貨単位からの少額取引が可能
約定率99.9%(2015年実績)スキャルピングOK

外為JAPAN


今なら新規口座開設後、条件クリアで1万円のキャシュバック。 1000通貨から取引可能なので、少ない資金でトレード可能。 スマホからの取引環境も充実してます。スマホから1lot取引で1000円キャッシュバック開催中 口座開設はこちらから⇒口座開設でキャッシュバック!

世界が認めた約定力

世界が認めたOANDAの約定力

口座開設


ドル円原則03.銭
ユーロドル0.5PIPで原則固定
1000通貨から取引可能低資金で始められます

FX口座数 国内第1位 DMM FX


DMM FXが選ばれる理由とは 1.業界最狭水準のスプレッド 2.抜群の操作性   豊富な取引ツール 3.便利なクイック入金サービス 4.安心・安全の完全信託保全 5.コストを気にせずお得に取引 6.24時間安心サポート くわしくは⇒DMM FX

このページの先頭へ